塾に負けない!家庭教師
  • トップページ リンク画像
  • サイトマップ リンク画像
  • ご意見・ご感想 リンク画像
  1. 塾に負けない!家庭教師 トップページ
  2. 家庭教師VS塾 塾の種類 その2
トップ画像

家庭教師VS塾 塾の種類 その2

少人数制と個別指導制の塾などについて。

このページでは、少人数制と、個別指導制の塾のことについて書いていきます。

少人数制の塾

少人数制の塾は、一クラス5人程度であったり10人程度であったり、
とにかく、少人数で講義を行うことを言います。

少人数制のメリットは、人数が少ない分、講師がそれぞれの学習レベルや内容を把握しやすいこと、
また、集団で授業を受けるタイプに比べてみても、個人それぞれに対して指導をすることができます。
主に、個人で開いている学習塾に多いタイプであると聞きます。

個別指導の塾

個別指導という形を取っている塾なのですが、こちらは、少人数制の場合よりもさらに少なく、
1クラス1人〜4人程度の数の生徒さんしかいないのだそうです。
こちらは、少人数制よりもさらに生徒さんそれぞれの学習レベルや状況を把握することがより容易となるものです。

ところで、こうした個別指導の塾は、家庭教師の大手チェーンなども参入しているものであり、
さらには学習塾や予備校なども参入しているスタイルなので、競争は割りと激しいのではないかと予想できます。

学習スタイルは、まさに、家庭教師のシステムそのもの!
家庭教師とのマンツーマンが基本なのですが、大きな違いは、家庭教師ではなく、
コチラから塾の方に出向くというスタイル。

こちらは、家庭教師の場合と同じく、それぞれの力量に合わせた、学習カリキュラムを組み、
その講師の指導の下、学習していくというスタイルです。

通信技術を用いた塾

最後に、通信技術を用いた方法を書いておきましょう。

まず、主に予備校が行っているもので、
有名大学への合格実績の高い、大手予備校による、衛星を使った、全国に向けたビデオ講義です。

これで有名予備校の授業が全国どこでも受けられるようになるので、
地方に住んでいるので、東京のドコソコ有名予備校に入れない、授業が受けられない・・という方のためのシステムなのでしょう。

ただし、この授業の模様は視聴規制がかけられているので、容易に受信することはできません。
地方での場合、大抵は地元の大手予備校などと組んで「サテライトゼミナール」として、この衛星放送による授業を受けることができます。

また、インターネットを使って、オンライン上で問題用紙や解説書などのダウンロード・講義の様子が写るインターネットビデオが見れたりするサービスもあります。
さらには、ビデオ電話を利用して、遠隔地に住む人気講師などと生で話をしながら、講義を受けることもできるということです。

ページ上部へ移動します。

  • 家庭教師に依頼をしたい!個人契約編
  • 家庭教師に依頼をしたい!家庭教師センター編
  • 家庭教師に依頼をしたい!デメリット編
  • 家庭教師VS塾
  • 家庭教師VS塾 その1
  • 家庭教師VS塾 その2
  • 良い家庭教師とは?
  • 家庭教師VS塾 塾に負けない家庭教師

当サイトご利用について。

当サイトは、個人で運営しております。

当サイトに記載されている記事について、正確な記事を記載するよう努めておりますが、その正確性を保証するものではありません。

また、当サイトをご利用になったことで発生したいかなる損害や不利益について、当サイト管理人は一切の責任を負うことはありません。

全てご利用者の責任の上にてご利用ください。

また、当サイト」内の文章・画像・イラスト等は、当サイトが著作権を有します。